美容オイルの保存

美容オイル 酸化 見分け方


美容オイル 酸化の見分け方、保存方法

スキンケアやヘアケア、ネイルケアなどまで様々な事に使える美容オイル

肌トラブルの改善、保湿効果などもあってすっかり毎日欠かせないアイテムとして利用されている方も多いのではと思います。

美容オイルの効果をしっかり実感するためには、使用期限をしっかり守る事も大切なポイントですよね。

ちなみに、当サイトでオススメの美容オイルとしてご紹介している、

NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

ですが、

開封・未開封にかかわらず、商品が届いてから1年以内

を使用期限としています。

基本的に、ホホバオイルは酸化しにくいので長期保存が可能です。
これも、ホホバオイルを美容オイルとして用いるメリットといっても良いのでは、と思います。

しかし、安心・安全に使用できる期限として1年以内など使用期限として明記されている事が多いです。

使用期限が短いとされるローズヒップオイルであっても、開封後1ヶ月~3ヶ月程度で使い切ること、といった使用期限となっていることが多いですね。
(商品によって使用期限に違いがありますので、必ず使用方法などは目を通したいですね)

美容オイルが酸化してしまう前、しっかりと使用期限の前に使い切れると一番良いのですが、いくつか美容オイルを購入して、その日の肌の調子などに合わせて使い分けをしてみたり、寝坊して忙しい朝などは美容オイルを使わずに済ませたりといったこともあると思います。

せっかく買った美容オイル、酸化して悪くしないためにも保存方法も重要ですね。

酸化したオイルは匂いも油臭くなってきますし、色も変わってくる場合が多いです。

保管している状況にもよりますから、もし使用期限の前に少しでもおかしいな?と感じたら思い切って使用を中止するのが安全といえますね。

美容オイルの保存方法

美容オイルの保存方法ですが、

直射日光が当たらない場所で保存する

ことが基本です。

美容オイルは光を浴びることで酸化してしまいます。

そのため、ほとんどの美容オイルは遮光性の高い瓶に入っていますよね。
だからといって安心してはいけません。

間違っても窓際において忘れてしまったり、といったことのないように使ったら必ず決めた保管場所に戻す、といったようにされる事をオススメします。

特に酸化しやすい種類の美容オイルは、冷蔵庫での保管が良いですね。

・ローズヒップオイル
・アマニ油
・グレープシードオイル
・月見草オイル
・ボラジオイル
・馬油

などは使用期限が短い種類のオイルとなります。

酸化した美容オイルを利用すると、肌に良いはずのオイルが原因で肌トラブルを起こしてしまうことになってしまいます。

シミ、シワ、肌の炎症・・・そうした肌トラブルの原因となってしまわないためにも、しっかりと美容オイルの保存方法は守る必要がありますね。

美容オイルの使用期限の長さについて

酸化しにくい美容オイル、酸化しやすい美容オイルと種類が異なります。

酸化しやすい美容オイルは、それこそ直射日光や熱なども避けて保存する必要がありますし、日中の使用に関しても注意が必要です。

酸化しにくい美容オイル

酸化しにくい美容オイルの種類としては、

・ホホバオイル
・アルガンオイル
・スクワランオイル
・オリーブオイル
・ココナッツオイル

などがあります。

酸化しやすい美容オイル

酸化しやすい美容オイルの種類としては、先ほどもありましたが、

・ローズヒップオイル
・アマニ油
・グレープシードオイル
・月見草オイル
・ボラジオイル
・馬油

などがあります。

酸化しやすいので、保存方法も注意が必要なオイルとなりますね。

酸化しやすい美容オイルは使う使用方法にも注意!

酸化しやすい美容オイルを使う時に注意しなければならない事は、朝や日中に使わない方が良いということです。

紫外線によって酸化してしまうので、朝スキンケアに使ってしまうと、日中にあたる紫外線によって酸化、肌のシミ、くずみ、赤みなど肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。

そのため、酸化しやすい美容オイルは夜のスキンケアのみの使用がお勧めされていることが多いですよね。

ついうっかり、といった事のないように美容オイルによって使い分けはしっかりと行いたいですね。

酸化しにくい美容オイルとして、ホホバオイルをオススメしています↓

⇒ ゴールデンホホバオイル おすすめランキング




キーワード