美容オイルの使い方

美容オイル 使い方おすすめ


美容オイル、基本の使い方&おすすめの使い方

美容オイルは上手く使いこなすと、万能コスメ!といって良い位にスキンケアに活躍してくれますよ♪

絶対にこう使うべき!といった使い方はありませんから、色々と自分に合った美容オイルの使い方を考えてみるのも楽しいと思います。

美容オイルの使い方、まずは基本的な使い方からご紹介いたします。

毎日のスキンケアの最後に美容オイルを使う

この使い方をされる方が一番多いかもしれませんね。

メイク落とし → 洗顔 → 化粧水 → 美容液

といったいつもの流れの最後に、美容オイルを1~3滴。
お手入れの最後にオイルを塗ることで、肌の保湿力がアップします。

化粧水の後に使う

化粧水の後に美容オイルを使っても十分、保湿効果が得られます。
美容液代わりに使用される方も多いと思います。

お肌も柔らかくなる事が期待出来ますね。

クレンジングにオイルを使う

当サイトでは主にホホバオイルをオススメをしているのですが、こうしたオイルをクレンジングにも利用することで肌の水分の蒸発を防ぎ、肌への負担を軽くしながらクレンジングをする事が出来ます。

クレンジングにオイルを使う場合に選ばれる事が多いのは、

・ホホバオイル
・スクワラン

などです。

こうした美容オイルを肌にたっぷりと馴染ませて、油性の汚れを浮かび上がらせます。
その後は、クレンジングオイルを馴染ませて、界面活性剤によって油性の汚れなどを水と馴染む性質に変え、洗い流します。

美容オイルをクレンジングに使う事で肌への負担が軽減出来ますし、肌の水分などをキープしたままクレンジングが出来るのでお肌の調子も整えやすいといった効果も期待出来ます。

アンチエイジングのためにももちろん、ニキビ肌など肌トラブルを起こしやすい女性のクレンジングにもおすすめと言えます。
(万人に使いやすいホホバオイルがオススメですが、肌に合わない可能性もありますので、初めてクレンジングに使用される際には注意が必要です)

ブースター(導入液)としてオイルを使う

肌の乾燥が気になる時期、化粧水を使う前にブースター(導入液)としてオイルを使う方法もオススメです。

肌に油分が足りずに乾燥気味な肌が気になっている方、多いのではないでしょうか。

ブースターオイルとして使う事で、肌を柔らかくします。
そうすることによってその後に使う化粧水や美容液の浸透を助けてくれます。

ブースターとしてオイルを使う場合、浸透力の高いオイルがオススメです。

当サイトでは「ホホバオイル」をオススメしていますが、オイルの中でもホホバオイルは分子構造が小さく浸透力に優れています!

さらっとして浸透力に優れたホホバオイルは、ブースターとしてもピッタリです。

やっぱり冬などは空気も乾燥していますし、エアコンで肌もカサカサになりやすいですからね。

肌の乾燥が気になる朝など、ブースターとしてオイルを使用してみるのもオススメです。

美容オイル、おすすめの使い方

これらの他にも、美容オイルは様々な使い方が出来ます。

高価な、例えばゴールデンホホバオイルなどは使いにくいな・・・という場合には、精製済みのホホバオイルなど、容量が多くお手頃価格のオイルを購入して使用する方法もおすすめです。

様々な使い方が出来る美容オイル、ぜひ気になる箇所のケアに使ってみてはいかがでしょうか。

ボディケア・ボディマッサージに

美容オイルは様々な場所に使う事が出来ます。
全身のケアにも使えますから、カサカサ肌が気になる所へ塗ったりするなどケアにもオススメです。

ヘアケア・ヘアトリートメントに

オイルは痛んだ髪の毛にも効果をもたらしてくれます。
そのため、特に夏の紫外線でダメージを受けた髪のケアにもオススメ出来ます。

頭皮ケアにもオイルを使うことが出来ますから、ヘアケア・ヘアトリートメントとどちらも行うとより効果的ですね。

ネイルケア・ハンドケアに

オイルをネイルケア・ハンドケアに使う方法も。
甘皮の部分のケアにもオススメです。

爪もお手入れをすれば綺麗になりますよね。

かかと・ひじ・ヒザのケアに

かかと・ひじ・ヒザ、気がつけばカサカサ、カチカチ。
乾燥しすぎてひび割れ寸前、みたいになっていませんか?

古い角質が溜まってしまった「カチカチかかと」には美容オイルがオススメです。

かかとケアにオススメはやはりホホバオイルです。
浸透力が高く保湿効果に優れ、角質除去の効果もあるのでオススメです。

ひじ・ヒザをツルツル、綺麗にする事も期待出来ますね。

全身様々な箇所のケアに使える美容オイル、ぜひ色々とお試しになってください!




キーワード