美容オイルの効果

美容オイル 酸化防止


美容オイルの酸化防止について

美容オイルを使ったスキンケア、手軽にケアが出来る事もあって人気ですね。

肌の保湿効果やスキンケア効果が期待出来る美容オイル、品質を保って使う事が出来ると、とても良い状態の肌がキープ出来ます。

スキンケアだけではなく、ヘアケア、ハンドケア、ヒジ、ヒザなど気になる箇所へのケアにも。
様々な使い方が出来る万能さも美容オイルの魅力ですね。

せっかく購入した美容オイル、できる限りフレッシュな状態で使いたいですよね。

美容オイルにとって最大の敵は「酸化」です。

もし酸化してしまった美容オイルを肌につけてしまうと、シミ、シワ、肌の赤みなどトラブルの原因となってしまう可能性がありますからね。

そのためにも普段の保存から酸化防止に関しては、気を遣いたいものです。
開封後は、出来るだけ早めに使い切る事。

酸化防止も大切ですが、美容オイルの使用期限をしっかり守る事も大切です。

正しい保存方法、使用方法をする事。

オイルの酸化防止のための保存方法として

酸化防止のための保存方法としては、

・使用開始まで開封せず冷蔵庫保存する

・しばらく使用しない時も冷蔵庫保存する

・美容オイルが汚れる事を防ぐために瓶の口などに直接触れないようにする

・直射日光があたるところ、暖かいところは避ける

といった事に気をつけてください。

美容オイルの品質を保持し、良い状態で使い続けるために。
無用な肌トラブルから守るためにも大切なことですね。

他には酸化防止や保存方法に気を遣っているので、少しくらい使用期限が過ぎても大丈夫!と思わない事も大切なポイントといえます。

美容オイルの品質を保つためには、酸化しないようにしっかりとした保存方法を取ること。
そして、オイルそれぞれの使用期限を守る事が大切ですね。

美容オイルでの油焼け(化粧焼け)に注意

オイルの種類によっては、朝のスキンケアに使用すると日中の紫外線などにより、肌にシミを作ってしまったり、くすみの原因となってしまう可能性があるものもあります。

オイルに含まれる不純物が原因ということですから、純度100%のオイルを選んだり、酸化しにくいオイルを選ぶ事で避ける事が出来ますね。

ただ、酸化しやすいオイルにも期待出来る肌効果はありますからね。
夜のスキンケアにだけ使う事を忘れなければ大丈夫です。

酸化しやすいオイルとしては、

・グレープシードオイル
・ローズウッドオイル
・馬油
・亜麻仁油

などがあります。

日中は使用しないように気をつけてくださいね。

油焼けしやすいオイル、油焼けしにくいオイル

オイルには、油焼けしやすいオイル、油焼けしにくいオイルとがあります。

さらに詳しく見ていきますと、

酸化しやすいオイルとしては、

・グレープシードオイル
・ローズウッドオイル
・馬油
・亜麻仁油
・月見草
ボイズンベリー

などがあります。

これらは酸化しやすいオイルと言われます。
そのため、朝のスキンケアには使わないように注意が必要です。

酸化しにくいオイルとしては、

・スクワランオイル
・マカダミアナッツオイル
・ホホバオイル
・オリーブオイル
・ココナッツオイル
・椿油
・アルガンオイル
・ニームオイル

などがあります。

スキンケア効果を期待して、日中も使いたい場合には上記のようなオイの使用がオススメです。

ちなみに、日焼け予防の効果もあるオイルもあります。

・ホホバオイル
・ココナッツオイル
・アルガンオイル
・オリーブオイル

これらのオイルには日焼け止めの効果が期待出来ると言われていますが、日差しの強い屋外での高度は当然避けた方が良いです。

また日焼け止めの方が高い日焼け止め効果がありますから、過度な期待は禁物と言えますね。

日焼け止めに関しては、専用の製品を用いたり日に当たらないように気をつける事が必要です。

【酸化しにくい美容オイル、ホホバオイルをオススメしています】

⇒ ゴールデンホホバオイル おすすめランキング




キーワード